デメキン一期一会

ごった煮趣味日記

サッカー

【FC町田ゼルビア】2017J2リーグ第23節、水戸ホーリーホックに勝利。

2017/07/20

 7月16日(日)、FC町田ゼルビアは水戸ホーリーホックとホームの町田市立陸上競技場で対戦しました。結果は2-0で見事勝利!通算成績8勝8分7敗の勝ち点32、順位は前節より二つ上がって22チーム中13位となりました。

 長いシーズン後半戦の初戦となった前節、ゼルビアはホームでザスパクサツ群馬に勝利し、連勝を飾るとともに五分の星に戻しました。その勢いそのままに、今回も勝利と行きたいところです。対戦相手は水戸ホーリーホック。昨年までの対戦で0-0、1-1、2-2、3-3といずれも引き分け。今季こそ勝利を!とアウェイに乗り込んだ第10節でしたが、2-3で敗北となってしまいました。この雪辱は何としても果たしておきたいところです。

 対する水戸ホーリーホックは言うまでもなく強豪、今季は一時期、5連勝を含む13試合負けなしの快進撃を見せたもののここ2試合は1分1敗。しかし順位は堂々の6位。厳しい戦いになりそうです。

 試合は前半、互いにボールを放り込み合うような展開。しかしそんな中8分のゼルビアゴール前で水戸のフリーキック。MF佐藤和弘選手の放ったボールは、ゴール前で水戸のFW前田大然選手のチェックに走ったDF奥山政幸選手に当たってあわやオウンゴールかと思われましたが、守護神高原寿康選手ががっちり抑えて事なきを得ました。その奥山選手、直後に目の上を切るアクシデントに見舞われましたが、どうやら深刻な傷ではなかったようで、治療を行った後にピッチに戻ってくれました。

 前半は水戸ホーリーホックペース。23分、27分と町田ゴールに襲いかかりますが、高原選手がピンチを防ぎます。一方ゼルビアも右サイド、奥山選手からMF戸高弘貴選手のラインが時々目の覚めるような動きを見せます。でもやはり最後の一手を欠く印象。

 そしてやはり恐ろしいのは水戸の前田選手。その俊足を存分に生かして随所に顔を出し、44分にはゼルビア陣内に転々とするボールを猛然とチェイス。DF金聖基選手を追い越しざまボールを奪いますが、ここは金選手が冷静に対処。難を逃れました。そして前半アディショナルタイム2分にはスローインからの混戦に水戸のFW林陵平選手が反応!ゴールを揺らされますが、ここはDF陣の冷静な位置取りでオフサイドを得ました。ふぅ。前半は何とか0-0でしのいだ、という印象でした。

 後半も序盤からピンチ。50分、ゼルビアゴール前の混戦から水戸のMF湯澤洋介選手がシュート!しかしこれに高原選手が長い足を投げ出して対応、失点を防ぎました。高原選手、今回もなかなか切れてます。(2017.7.19追記。これがJ2第23節、週間ベスト5セーブに選ばれました!後段をご参照ください)

 そしてやはりこの男が魅せてくれます。直後の51分、DF松本怜大選手からのクロスボールに戸高選手が反応してボレーシュート!これは惜しくもゴールを外れますが、今ゼルビアで最も波に乗っているといっても過言ではない戸高選手、いやが上にも期待が高まります。

 ゼルビアDF陣も高い緊張感を維持しています。今回最も自由にさせてはいけない男、前田選手へのチェックを怠りなく、53分にはDF深津康太選手が競り合いから前田選手を撃破。(^_^;; 前田選手、看板のところまで飛ばされて痛そうでしたが、怪我はなさそうでほっとしました。そしてその直後、前田選手がボールを持ち上がった際にも奥山選手、金選手が何とか追いすがり、最後は高原選手の好セーブで失点を防ぎます。

 そして59分、MF谷澤達也選手に代わりMF平戸太貴選手がピッチへ。今や後半の絶対的切り札と言ってもいい平戸選手、満を持しての投入です。その平戸選手、68分水戸ゴール手前でのフリーキックから右足一閃!直接ゴールを狙いますが、これは惜しくも得点にはつながりませんでした。

 その後71分、水戸のMF、途中出場の船谷圭祐選手のクロスが絶妙に転がったところをMF白井永地選手がゴール!…かと思われましたが、オフサイドで事なきを得ました。ふぅ。これで幻の0-2です。(^_^;;; 

 しかしチャンスはやって来ます。73分、戸高選手のループシュートっぽいクロスボール(?)が水戸ゴールへ!しかしこれは僅かにゴールの上に逸れます。その直後、ゼルビア陣内から奥山選手がヘッドでボールを託したFW吉田眞紀人選手が左サイドを駆け上がってFW中島裕希選手へ。一旦松本選手に戻した間にゴール前に顔を出した戸高選手にクロス!これはシュートには至らなかったものの戸高選手がボールをしぶとくキープ。そこへ奥山選手が駆け込み、水戸選手との競り合いに勝って再びペナルティエリアに進入した戸高選手にパス。そこを船谷選手がたまらず倒してしまいPK獲得!中島選手がそれをきっちり決めてゼルビアは先制点を挙げます。中島選手、今季初のホームでの得点です。やった!

 その後77分にゼルビアはMF森村昂太選手に代えて重松健太郎選手を投入。しかし79分、中島選手が水戸の選手と交錯した際に足を痛め、一旦ピッチ外に出てしまいます。結局中島選手はその後、DF藤井航大選手と交替する形でベンチに戻ることとなってしまいました。深刻な怪我でなければよいのですが。。。

 しかしそんな暗雲を振り払う活躍を見せたのはやはり戸高選手でした。84分、水戸ゴール前で吉田選手から戸高選手に渡ったボールはペナルティエリアに駆け込む平戸選手の足もとへ。そして平戸選手の折り返したボールを戸高選手が落ち着いてシュート!ゼルビア2点目を記録しました。このゴールシーン、後で何回も見てみましたが、平戸選手がボールを持った後、戸高選手より先に吉田選手が駆け上がっていたんですね。もしかしたらそれに水戸の選手たちの注意が集まり、戸高選手が比較的自由に動けるようになったのかもしれません。そして戸高選手のテクニック!ともあれ、終盤になって値千金の得点となりました。

 この猛暑の中、選手たちには非常に厳しいコンディションとなりました。中島選手に代わって藤井選手が入った後、金選手がFWの位置に。これは金選手が足をつっていたための措置だったとか。スピードスター、前田選手とのマッチアップでことごとくピンチの芽を摘んでいた金選手、疲労度も極限に達していたようです。風もあまりなかったようで、試合終了のホイッスルが野津田の森に響き渡った瞬間、ピッチに倒れ込む選手たちの姿が印象的でした。もちろんゼルビアのみならず、水戸の選手たちも走り続けました。特に前田選手、疲れを知らんのか。(^_^;; ともあれ、お互いの素晴らしいハードワークがもたらした素晴らしい試合、そしてその中で辛うじてつかんだ勝利。ゼルビア3連勝、そしてホーム2連勝です!返す返すも、スタジアムに足を運べなかったことが悔やまれます。でも、DAZNはぼくの大好きな八塚浩さんの実況。存分に楽しむことができました。

 さて、これで順位は13位にアップ。そしてこの3連勝は3-1、2-0、2-0と複数得点、最少失点で乗り切っています。しかも2試合連続無失点というのは今季初めて!中島選手の状態が心配ですが、今後もペースを落とすことなく戦い続けてほしいものです。Youtubeに挙がっていたハイライトを以下に貼っておきますね。

(2017.7.19追記)
 そしてJ2第23節の週間ベスト5セーブにGK高原寿康選手のプレーが選出されました!こちらも貼り付けておきます。

 さて、次戦はアウェイでFC岐阜戦、続いてホームで京都サンガF.C.戦です。その後はホームでアビスパ福岡戦、アウェイで大分トリニータ戦、ホームで名古屋グランパス戦…もう、何かの罰ゲームですかと言いたくなるような厳しい戦いが続きます。選手たちのコンディションも気になるところです。現在離脱している選手たちの一刻も早い復帰、そして現在最前線に立っている選手たちの体調維持を願ってやみません。何とかこの胸突き八丁を乗り切れますように。がんばれFC町田ゼルビア!

日本ブログ村INランキング

にほんブログ村 サッカーブログ FC町田ゼルビアへ
にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ

レスポンシブ広告

スポンサーリンク




にほんブログ村PV

PVアクセスランキング にほんブログ村

Ptengine

-サッカー
-, , , , ,