デメキン一期一会

ごった煮趣味日記

モータースポーツ

【2017F1】ホンダ、来季はマクラーレンからトロロッソへ。

 最近もはや暗黙の了解と化していたマクラーレンとホンダの契約解消の件ですが、第14戦シンガポールGPの初日、15日にいよいよ正式発表となりました。

マクラーレンとホンダF1、袂を分かつ。2018年はマクラーレン・ルノー、トロロッソ・ホンダが誕生

 かねて噂されていたとおり、ホンダは今季限りでマクラーレンへのパワーユニット供給を解消。そのマクラーレンは来季からルノーのパワーユニットを搭載することとなりました。その一方、トロロッソは来季ルノーからホンダへとスイッチ。両チームで搭載パワーユニットを交換するような形に落ち着きました。2015年にマクラーレンと組んでF1復帰を果たしたホンダでしたが、なかなか他のサプライヤーに追いつけず苦戦。2016年はちょっと向上の兆しも見えましたが、今シーズンは大幅なパワーユニットのモディファイを行ったことも影響してか鳴かず飛ばず。。。これが中堅チームであれば「よくがんばってる!」と思ってもらえたのかもしれませんが、なまじっか「マクラーレン・ホンダ」というビッグネームを背負ってしまったために、どうしてもかつて一時代を築いた赤白のマシンがまぶたに浮かび、より厳しい目で見られてしまう側面もあったのかな。

 ともあれ、新たにトロロッソと手を組むことで、今季限りでホンダF1撤退…という事態は免れることができました。トロロッソというチーム、実は昔から結構好きです。前身は1980年代に発足したミナルディというチームなのですが、小所帯ながら他の同規模のチームがバタバタと撤退して行く中、2005年にレッドブルに買収されるまで生き永らえました。フェルナンド・アロンソ選手がF1デビューを果たしたチームでもあります。ミナルディというとどうしてもピエルルイジ・マルティニ選手が思い浮かびますが、そういえば片山右京選手や中野信治選手も乗っていましたね。

 これで来季はマクラーレン・ルノーとトロロッソ・ホンダという組み合わせが誕生することになりました。これでもし上々の結果が出たら将来レッドブルにホンダを載せてもらえるかも…なんて話も出ていますが、それはさすがに高望み…というか気が早すぎでしょう。(^_^;; まずは着実に性能と信頼性を積み重ねて、よいレースを見せてほしいものです。

 そして何より、2017シーズンは今第14戦。まだ7戦も残っています。来季よりよいスタートを切るためにも、今シーズンまだまだホンダには進化してほしいと思います。そう、あわよくばマクラーレンの首脳陣を「ホンダを切って本当によかったのかなぁ?」なんて不安にさせるくらい。。。(^_^)

 折しも今週末開催のシンガポールGP、金曜日のフリー走行では1回目にアロンソ選手が8番手でストフェル・バンドーン選手が11番手タイム。2回目はバンドーン選手が6番手、アロンソ選手が7番手という好タイムを記録しました。シンガポールの市街地コースはマクラーレンにとって比較的有利と言われているサーキット。予選・決勝と、堅実な走りに期待です。まだ何も終わっちゃいない、がんばれマクラーレン・ホンダ!

日本ブログ村INランキング

にほんブログ村 サッカーブログ FC町田ゼルビアへ
にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ

レスポンシブ広告

スポンサーリンク




にほんブログ村PV

PVアクセスランキング にほんブログ村

Ptengine

-モータースポーツ
-, , , , , ,